●タイコラム Thai Column ナイトライフ Night Life

パタヤのバービアハンター VO.1

投稿日:2008年5月27日 更新日:

f417e602.jpg

今、パタヤにアメリカ人の知人が遊びに来ている。目的は、どちらかといえばナイトライフ中心の観光。彼は、バービア遊びをこよなく愛する。そんな彼に、ある日の晩、呼び出された。とあるバービア。僕は、最近、お気に入りの一つでもある「サンミゲルライト+ライム(マナオ)」を注文。彼は、約2年ぶりのパタヤ。大酒飲みの彼は、あいかわらず安いタイウイスキーのコーク割りをガブガブすごい勢いで飲み続けている。(僕がビール1本の間に4~5杯・・・早っ)

どうやら、カウンターの中の、あるコにすでに狙いを定めているようだ。それはどちらかというと、オカマのような顔立ち。すらっとしていて背も比較的・高い。アメリカ人がまさに好みそうな感じである。「サバイディ~~マァーーイ??」妙な発音で、彼女にしかけ始める。そして、自己紹介。名前は何?だとか、どこの国の人?だとか、いくつ?だとかお互いの情報交換を始める。。ま、パタヤのバービアでよくある光景である。

が、、彼の真骨頂はここから。良い感じに酔いが回ってきたのか、彼は、いつもどおり、いつもの陽気なアメリカのエロエロおっさんモードへとチェンジしていく。彼がおもむろに、タバコに火をつける。そして、彼女に一言。「ユー・スモーク?」。タバコを勧められた彼女が返す。「ノー!アイ・スモーク・サムタァーイム・・」。「オー、ユー・スモーク・サムタイム・・。OK、ユー・スモーク・イン・マイルーム。。ガハハ~~」。※スモーク=喫煙とBJをかけてる

「・・・」。苦笑いなバービアレディとバカ笑いな僕。アメリカのオフィス街などで言ったら確実に問題になりそうなどうしようもないシモネタ・ギャグ。が、ここはパタヤのバービア。安っぽい彼のアメリカン・コメディーショーは尚も続く。彼女が、彼に何の仕事?なのかを尋ねる。「アイム・ドクター」。彼は、医者だとウソをつく。彼女が言う。「ナウ・アイム・シック・・。マイサバーイ。」すると、彼。「オーー、、ユー、ラブ・シック? タイ・ボーイフレンド?OK、、アイ・テイクケア・ユー・イン・マイルーム。。ガハハ~~」※ラブシック=失恋

そんな、どうしようもないヤリ取り。そして、、数時間後。いよいよ彼女を連れ出す時。「ユー・カム・マイルーム? Its Up To You!ユー・ノット・カム、、アイ・ゴー・スィー・アナザーレディ。マイペンライ・・ガハハ~」。。と尚もギャグを繰り返す彼。。と、、言ったすぐ後には、急に冷静な顔になり・・・。「バット、、アイ・ライク・ユー」。と、いままでのエロおっさんキャラはどこへやら。彼女を見つめ、、妙に甘えた、まじめな顔で口説き始める彼。

「やっぱ、、アメリカ人だ・・くせぇーー」。なんて、僕は思ってしまうが、、彼女もこの一言でノックダウン。おそるべし、バービアハンター。ホテルへと向かう二人を見送りながら、そう思った僕でありました。

パタヤ夜遊び(ナイトライフ)

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ

 



-●タイコラム Thai Column, ナイトライフ Night Life

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved.