●タイ Thai 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

タイで買い物 交渉術!

投稿日:2008年8月14日 更新日:

c1e96b3e.jpg

タイに来たおみやげとして、ブランド物のコピー時計を遊びで購入する人は多いが、バンコクだったら、マーブンクロン(MBK)、パッポン通り、ヤワラート(中華街)などがその最たる場所であろう・・。パタヤにもビーチロード沿い、歩行者天国のウォーキングストリート、市場、街を闊歩する売り子などなど、様々な場面で、コピー時計にお目にかかることが出来る。
パタヤマップ

と、現在、日本から遊びに来ている友人も欲しいというので、適当にビーチロード沿いを徘徊してみたが、、全くない。。あれっ、おかしい?中国製らしき安物時計を並べる屋台でも、聞くと、コピー商品は置いていないと言う。うーむ。と、ある店(場所は秘密)で、「●●の時計ある?」と聞くと、店の主人は、意味ありげな目線を投げ返してくるではないか・・。「むむっ、ここだ!!」と、店の奥に案内されると、やはり倉庫の裏には別室が・・。エアコン完備。見た目は、ミラーだらけの隠し部屋。と、スライド式のミラーを動かすと、おそるべし量の商品群!!やはり、最近は取締りが厳しくなっているのであろう。。

と、目に入ってきたのは、僕の好きなブランド、「パ●ライ」の最新作・・。「うっ、、か、格好いい」と、店の主人に値段を聞くと、言い値5.000バーツ。た、高ぇ。その他の商品は、全てグレードAで3.000バーツ、肝心の中身(心臓部)は台湾製。でも、僕が一目ぼれしてしまったスーパーA商品は、中身スイス製(?)。かつ、気になる秒針もすこぶる精巧。と、ここまで来れば、知人をよそに、僕も、もう衝動買いモード120%。

というわけで、価格交渉スタート!!「中身はどこ製だ?」とか、「どこの国から仕入れているんだ?」とか、「バンコクだったら、もっと安いよね・・」とか、「自動巻きか?」とか、諸々をチェックしつつ、主人に会話を投げかける。と、談笑でほぐれた後は、訴えモードに突入。「僕は、時計は本物志向だ・・でも、このコピーの出来は最高だ。すばらしい。もう、これが欲しくて欲しくてしょうがない・・。でも5.000バーツは高いよネ」。だから、、「3.000バーツでOK?」。

もちろん主人は、NO!返信。でも、ここでめげてはダメ。あとは、畳み掛けるように、、強引に握手したり、肩を組んでみたりして、主人の方が折れるまで、「オネガイ・・・」を連呼するのみヨ!これでOK。
というわけで、再び、どうしようもない、おもちゃが増えてしまったわけでありました。ぐへぇ・・。

【コラム】コピー王国タイランド

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ

 



-●タイ Thai, 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.