●タイコラム Thai Column ナイトライフ Night Life

クリニックの受付嬢

投稿日:2005年3月28日 更新日:

clinic-thai-pattaya

僕には行きつけのクリニックがある。ま、でも基本的には体は丈夫なほうだから、風邪ぐらいだったら薬局で薬を買って、飲んで強引に治してしまう。では、なぜ行きつけなのか。ま、真実を言えば、パタヤは夜の街であるからして・・・。そう、性病である。何を隠そう。(いや、あまり言いたくはないのだが。だったら言うなって・・・汗) 僕は、かなりの性病歴を持つ(若気の至りです)。

日本時代は全くの性病チェリー君だった僕だったが、タイに住むようになってからは、「淋しい病」を早や10回近く、「ブツブツの病」を治すのに1年近く、もう、そこのクリニックにすれば僕はかなりのお得意さんなのである。(汗)

いつものドクタ-とも、もちろん今や顔見知り。「おっ、また、来たね。君、今回はどうしたんだい?」だとか、「ダメだよ!君、ちゃんと自己管理しなきゃ・・・」だとかいった会話もごく自然に行われる。(汗) もちろん僕の数年間に渡るマイカルテすら、そのクリニックには残されているのである。(いや、自慢じゃありませんので・・・)

と、ある日のこと。今や自分の体の微妙な変化でさえ過敏に反応する術を身につけた、もはやプロの粋に達している僕は、とある朝の放尿の際にちょっとした違和感を感じてしまった。で、よくよくパンツを観察すればビミョーーに得体の知れない液体も。「えっ!?これって、もしかして僕の大っ嫌いなウ・・・ミ・・・?」。でもなぜ?最近では、病をもらうような粗相はやっていない・・・。とは言え、心配なのでいつものクリニックに足を運ぶ。

で、結論を言えば、検査の結果は水だとか食事の際だとかトイレの際だとか、とにかく日常生活の中で、ちょっとしたばい菌(バクテリア)が体に浸入したとのこと。いつもの筋肉注射(抗生物質)を純白な僕のオシリに打ってもらい、飲み薬をもらい、数日で治ったという話だが。

ちょっと言わせてくれぃ。そこの受付嬢、数名!!もちろん僕の顔から今までの通院歴~病歴(ほぼ性病)などを覚えているのは分かる。でもさぁ~~、「あんた、よくやるよね」だとか。「あんた、チャオチュー(浮気者)ねぇーー」だとか。「あんた、ヤルだけの女、いっぱいいるんでしょ?」だとか。「あんたは絶対エイズよ!」だとかいった変な断言、もう止めてくれない?

日本だったら絶対ありえないよね、こんな病院。何か病をもらった際には、僕だってちゃんと検査してますよ。でもホント銀行とかの受付嬢もそうだけど、タイ人って平気で他人の庭に土足で上がりこんでくるよね。そう、そこにはもはや苦笑しか存在しない。君たち、それってフレンドリーって言葉じゃ片付けられないよ。いくら談笑の範囲内でもさぁ~~。

そろそろ本気でクリニックを変えようと思った今日この頃でした・・(ホロ苦)。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ

 



-●タイコラム Thai Column, ナイトライフ Night Life

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.