●タイコラム Thai Column タクシー バス ソンテウ バイク Taxi Bus Bike 日々のコラム Day Column

タイのタクシードライバーVO.1

投稿日:2006年6月2日 更新日:

thai-taxi-driver1

バンコクでは、市内の移動手段として、よくタクシーを利用するのだが、ここはタイだけに、ボッタクリやインチキ野郎など、たちの悪いタクシードライバーに当たってしまうことは多い。そして、ごくまれに日本では考えられないような種の人間に遭遇したりもするものだ。ある日、バンコクはチャトゥチャク市場(ウィークエンドマーケット)へ行った時のこと。先ずは、いつものようにバスを利用しバンコクヘ。モーチットのバス停に着くと、停留所内のタクシー乗り場へと向かった。

その辺のオッサンやら、ボッタクリそうな顔のニイチャンをかき分け、乗車口へ。そこには100台を超えるタクシーが、自分の順番を待つべく列を連ねていた。整理係りから指定されたタクシーに乗り込む。運転手は、大人しそうなオッサンだった。

ボクは丁寧語で行き先を告げた。「パイ・チャトゥチャク・カップ(チャトゥチャクまでです)」。チャトゥチャクはモーチットのバス停から1メーターほどの近距離。長い時間順番待ちをしていた運転手には少し悪いなと思いながらも、来たときはいつもここのタクシーを利用しているので、まあ、しょうがないよな・・などと思いつつ座席に腰を下ろした。

運転手は、行き先が近距離であることに、あからさまに機嫌をそこねた様子だった。もちろん、ボクはそんなの一切構わず、その後は一言も口にはしなかった。

そして、バス停を出て、ものの5分ぐらいで市場入り口に到着。ボクは一言「ティニー・コダーイ・カップ(ここでいいです)」と告げた。すると、運転手は「イク・ベェップ・ヌン(もうちょっと)」と更に車を走らせた。「ティニー・コダーイ・ナ(いや、ここでいいから)」。「ティニー・ロンメダーイ・イク・ニッノォイ・ナ(ここは降りづらいから、もうちょっと先で)」。

ちょっとでも、距離を稼いでメーターを上げようと思っているのか。ボクの降りたい入り口は過ぎてしまった。ちょっと頭に来たが、まあ、近距離だからしょうがないかと彼が車を止めるのを待っていたが、彼はなかなか車を停めようとしなかった。そして、あからさまにその先~にある別のエントランスまで行こうとする運転手の意図を感じてしまったボクは彼を一喝した。

「オイ!ボク・レォオ・ナ。ティーニー・コダーイヤ!(おい、ここでいいって言ったじゃんかよ(怒)」。

彼は車をすぐ脇に止めた。彼はなにやら不満そうな表情をあらわにしていたが、ボクはそれ以上何も言わなかった。メーターを見ると料金は39バーツ。そして、ちょっと不機嫌気味にも、ボクは100バーツ札を手に運賃を払おうとした。すると、彼はこっちを振り向きもせず手を振って、「とっとと降りてくれ・・」というような仕草を取ってきた。お金を受け取ろうともしない。

「んっ!マイ・アオ・タァン・ロ?(お金いらないの)」。尚も、運転手は口を開こうともせず、ボクをシカト状態だった。

「OK、コップゥン・ナ (OK、ありがとね)」。ボクは料金も払わずタクシーを降りてしまった。振り返ると、その後タクシードライバーはその場にしばらく車を止めて、頭を抱えているような感じだった。

「なんか悪いことしたかな」。「何でお金受け取らなかったんだろう」などと一瞬考えてしまったが、ボクは初めてのタダ乗りに「得しちゃったなぁ♪」と、気分よく市場内へと足を滑らせたのでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイコラム Thai Column, タクシー バス ソンテウ バイク Taxi Bus Bike, 日々のコラム Day Column

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.