カンボジア カジノ Cambodia Casino ギャンブル Gamble 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

カジノツアーinカンボジア―VO.3

投稿日:2008年11月6日 更新日:

6013396a.jpg

さあ、今日は、「バカラの遊び方」について書いてみよう。(自己満足?)

バカラ「バンカー」「プレイヤー」のどちらが勝つかを予想する1/2のトランプゲーム。カードを交互に配っていき、10以上(絵札)は切捨て計算、足して「9」に近いほうがWIN!となる。3枚まで配られ、2枚で「8」が出ると「ナチュラルエイト」「9」だと「ナチュラルナイン」となり、最も強い役柄となる。コミッション制のゲームもあるようだが、カンボジアのカジノでは、どちらが勝っても2倍配当。「タイゲーム(引き分け)」を当てた場合は、8倍の配当がつく。ベットは、最低50バーツ~、最低100バーツ~と、誰でも手軽に遊べるテーブルが多くある。※引き分けの場合は、バンカー、プレイヤーのどちらに賭けていてもチップは回収されない。

と、、単純なゲームだが、単純だからこそ、人々は複雑に考え熱くなるのである。だいたいの人は、スコアカードを同時につけていき、スコアカードをブロックパズルのように自分なりに読み解き、賭けていく・・というパターンである。これがトランプの魅力というものなのだろうが、スコアカードが、美しい図形を描き、その時の流れに沿ったゲーム運びになると、人々は「スゥワイ!(キレイ)」だと狂喜し、、外れると、ため息と落胆の声がテーブルの周りに飛び交う。

fe930c13.gif

ちなみに、僕が、4日間やりつくした「バカラ」でキレイな図形だった参考ゲームが↑写真。各テーブルには、赤青ボールペンと用紙が、用意されているが、「バンカー」が勝つと「赤」「プレイヤー」が勝つと「青」でスコアを埋めていく。※ナチュラルの場合は、○で囲む。見ても分かるように、どちらも「タイゲーム(引き分け)」が多く出たゲームである。また、【上段】のゲームでは、引き分けの前後に「ナチュラルエイト」が絡んでいたり、「7」の後にも、引き分けが来ている。

【下段】のゲームでは、「6」の後と「ナチュラルナイン」の後に、見事に引き分けが続いている。偶然とも言えるが、意外に頻発するため、これがトランプの魅力というやつなのだろう。こういう美しいゲームになると、テーブルの周囲には、人々が集まってくる。「レンチャンする流れ・・」、「交互にくる流れ・・」、「どこまでレンチャンは続くのか・・」、「そろそろタイゲームが来そうだ・・」、「このタイゲームでレンチャンの流れは止まるだろう・・」、「これは鉄板だ・・」、「ここは熱く張ったほうがいいかも・・」、「いや、待った方が得策だ・・」。毎ゲーム、1ゲーム1ゲームに、人々は頭を悩ませ、時には、確信を持ってチップを賭けていく。

バカラ好きの僕は、今回、4日間で20ゲーム強をこなした。その中で、最も、流れを読めたのが最終日のラストゲーム。↑写真【下段】のスコアカードであるが、タイゲーム、レンチャンのところで熱く賭けて、1ゲームで7.000バーツ近く浮いた。締めは、思い切ってバンカーに2.000バーツ近く、タイゲームに200バーツ張ったのだが、見事にタイゲーム的中で1.600バーツとなり返ってきた。

9c35edc7.jpg

というわけで、今回は、軍資金20.000バーツでやってきたわけだが、バカラでは熱く勝てたが、ゲームマシンなどで突っ込んでしまい、結局、5.000~6.000バーツ負けという結果に終った。ま、4日間丸々遊んで、ホテルに泊まって、飯食って・・とウキウキカジノだったため、納得。次回は、絶対、ウキウキカジノでいきたい。ま、何はともあれ、やっぱりギャンブルは最高だぁ。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-カンボジア カジノ Cambodia Casino, ギャンブル Gamble, 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.