●タイコラム Thai Column ナイトライフ Night Life

情と嫉妬に駆られタイ人?

投稿日:2009年11月10日 更新日:

cae896dc.jpg

英語のジェラシー(Jealousy)とは「嫉妬」、「やきもち」のこと。タイ語で似た言葉を探せば、「イチャー/羨ましい)」、「フゥン(v)/嫉妬する」辺りが、よく耳にするワードであるが、まさに、タイ人女性と言えば、総じて「キーフゥン(やきもち屋)」だと言うことが出来る。(先日の出来事)ふとベッド脇の棚に一冊のアルバム写真が置いてあるのが、目に入った。彼女がどっかから引っ張り出してきたのだろう。手に取り中を見ると、びっくり!?それは僕の昔むか~しのタイ人彼女との写真だったのである。む、無言の攻撃開始!かつ唐突・・汗)。

こーいう場合、男って、どーいう対応をするべきか、、非常ーっに困る生き物である。そして、いつもでありたい僕は、それをそのままゴミ箱へ捨ててみることにした。無言の攻撃には、無言の対応に限る。と、その数日後、襲撃はまだ終わりではなかった。夕食後のデザートと言わんばかりに、残り2冊のアルバム登場・・死亡↓)。僕は、昔からよく写真を取る。オネーチャンでも連れて旅行に行けば、それはアルバムとして残る。ほんで、机の中とか旅行バッグの中とかに、ふと忘れられた昔の思い出たちのように、そっと隠れたままでいることが、ロマン主義な男(僕)の希望なのであるが、そんなアホくさい幼少な考えは、世の女性には通用しない。特に、タイ人女性にとっては・・。

タイ人と恋人関係になれば、それはイコール束縛を意味する。(相当?)それほど、彼ら(彼女ら)は、嫉妬に駆られる民族だと思う。(多分)のんきな性格も裏を返せば、その時の感情中心に生きていることの証だ。それは、それで、ある意味、羨ましいことだが、ある場面ではとっても目障りな行動を招くことにもなるのである。親子の関係、一族(家族)の関係、友達との関係。とにかく、集団でワイワイやっているのが
大好きなタイ人。彼らと一緒にいると、そのプライベート感覚のなさにウンザリすることがある。その辺が、恥の文化、わびさびの文化で育った日本人の僕としては、誤差を感じる部分なのであるが、恋人関係になれば、それはの空回りとなって現れることになる。

7d7d7797.jpg

◆勝手に(しかも堂々と)携帯のメモリ(着信)をチェックする。
◆知らない名前(女だと妄想)があると勝手に電話をかけ、確認する。
◆外出していると、メールや電話で執拗に居場所を確認する。
◆電話が繋がらないと、即、浮気だと決め付ける。
◆外出から帰ると、衣服についた匂いや口紅の残骸などを捜索する。
◆蚊に刺されただけなのに、首周り(キスマーク?)を妙に気にする。

などなど、挙げればキリがないが、に駆られて、ずうずうしいばかりの態度、びっくりたまげる行動をしてくるのが、タイ人女性の一般的性質なのだ。(ほとんど・・)タイの三面記事で、「旦那のナニを切り刻んだワイフ」とか、「浮気相手を襲撃」といった肝っ玉タイ人女性たちの荒ぶるニュースを見かけることがあるが、それは、特別ではない日常景色のオマケのようなものなのである。そんなわけで、結局のところ、「郷に入れば郷に従え・・」。苦笑いで終ってしまう話であるが、なーんだかなぁ。サバサバしているようで、実は、でネチネチしているタイ人。それは、まさに乾季と雨季のようなもので、タイ人にとっては自然の御業なのであろう。

タイ(タイ人)のに居心地の良さを感じるのも確か、ただ、うっかりするとその情に溺れて、飲み込まれてしまうことも多々あるので、タイ好きな皆さん、沖に出る際はご用心、しっかり覚悟を決めてからにしましょう。(なんのこっちゃい!?)

【タイ恋愛道場】―タイ人との恋愛・国際結婚

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ

 



-●タイコラム Thai Column, ナイトライフ Night Life

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.