サッカー Soccer スポーツ全般 Sports

【2010 W杯 観戦記】日本、善戦むなしく・・・

投稿日:2010年6月20日 更新日:

岡田ジャパン決勝トーナメント進出に王手なるか!?Eグループ2戦目となったオランダ戦は、どういうスタメンで行くのか期待していたが、相変わらずの本田1トップシステム。まあ、これでカメルーンに勝ってしまったのだから、変更する必要はないという単純な結論なのだろうが、どうも納得いかない。そんな面持ちで試合開始のホイッスルを見守る。

しかし、当たり前のことだが、カメルーンとは打って変わり、オランダは個人技にパスワークともに世界ベスト5レベル。前半はボールポゼッション(支配率)70-30と大きく引き離されるが、さすが岡田軍曹ご自慢の【ハエたかりプレス】は、再びすさまじいまでの効力を発揮し、相手にほとんど危ない場面を作らせなかった。強豪相手に前半0-0。退屈ながらも、日本にとってはシメシメ最善の経過!!と、全く狙い通りの形だったろうが欲を言えば物足りない。日本にあった数少ないシュートチャンスの内、相手ゴールの枠を捉えたのは松井の1本ぐらいだった・・。

相変わらず孤立する本田は、ゴールに背中を向け不慣れなポストプレーに終始し、ことごとく潰され、前を向かせてもらえない。また、後半への体力温存なのか前線からの守備もあまりしないので(一人だけサボリ気味・・)、プレスの効力減。これだったら、体も大きくポストプレーのうまい森本1トップ、あるいは、岡崎で裏のスペース狙って走り回らせたほうが、よっぽどオランダを苦しめただろうに・・・。ま、そんな岡崎びいきな僕であるが、後半開始早々、明らかにギアチェンジしたオランダは、前半のイライラを払拭するかのように日本ゴールを攻め立てる。そして、スナイデルのミドルSで、あっという間に先制!!オランダ1-0日本

こうなると、本田頼みの希薄な攻撃力に対し、1点を先制された重みというものを改めて思い知らされる。支配率を高めて反撃したい、でも、2点目取られるのも怖い。そうなると、攻撃&守備とアグレッシブに走り回ることができるサブ、そして、前線のFW強化だ。と、期待した交代劇、、中村憲(稲本)、岡崎(森本)の即投入に思いを巡らしていたが、岡田軍曹が選んだのは、、何とここで、中村俊輔・・・。その後、中盤での基点(ため)ができたことは確かだが、右サイドを駆け上がった駒野からの絶妙のセンタリングが入った場面、この試合で初めて、日本のゴールを予感した場面だ。このとき、ゴール前に詰めていたのは、長谷部と本田の二人だけで結局、どちらも数歩およばす。この時点で、ダイビングヘッドが得意で泥臭い派FWの岡崎が入っていれば、、と一人愚痴ってしまう。

あいもかわらず、大久保のシュートは力なく枠を捉えることさえ出来ない・・・。中村俊輔も、その内、逃げ(得意)の横パス&意味のないバックパスばかりでさほどオランダに脅威を与えることは出来ない。何ともどかしいいつもの展開だ。そして、ようやく試合時間も残り10分と迫ったところで、岡崎IN(遅っ!?)、しかも、何で長谷部が交代なんだ。また、大久保OUTなのは分かるが、ここにきて、しばらく出番のなかった玉田。親善試合で、あれほど森本を使った理由は何だったんだ・・。そして、試合終了間際、再び、岡崎にゴール前でのチャンスが訪れたが、惜しくも得点することは出来ず、0-1のままゲームセット。

FIFAランク45位の日本が、同ランク5位で優勝候補とも言われる強豪と堂々渡りあい、惜敗という形で2戦目を終えた。実際、この差は思っている以上に大きなものだろう。パス・トラップなどの個人技、チーム力、そして試合運び。そのレベルの差(壁)は近いようで、まだまだだな・・とサッカー後進国の現実を垣間見たことも確かである。ただ、この試合は、それ以上に、日本の驚異的な走力、献身的な守備意識、そして、カメルーン戦以上に相手を食ってやろうという大和魂(根気・気迫のようなもの)が、オランダを明らかに圧倒し、イラ立たせ焦らせ続けた。だからこそである。

岡崎(森本)スタメンだったら?勝負事にもし(仮定)は持ち込んではならないが、オシムだったらどういう采配(戦術)だったのだろうか・・。ふと思ってしまった。そして、グループ予選最後の相手となるデンマークは、カメルーンを2-1の逆転勝ちで下し勝ち★を五分に・・。カメルーンの予選敗退が決まった。(現在)日本は暫定2位で、3位デンマークとは得失点差1のみ。だから、次は、引き分け以上でOKなのだが、また、同じ戦い方(守備システム)で最終戦に臨むのだろうか。体格のデカイ選手が並ぶデンマークには、当然、本田孤立型の1トップでは簡単に通じないと思われる。そして、早いパス回し~裏のスペース狙いとか、サイドから崩す攻撃などが得点への鍵となってくる。さて、岡田采配に期待がかかるところだが、どうなることやら・・。頼むぞ!岡田さん、そして、サムライ戦士たち。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-サッカー Soccer, スポーツ全般 Sports

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.