●タイ Thai 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

アジアの達人トラベラー!?

投稿日:2010年12月21日 更新日:

deab0fda.jpg

「ただいま、ベトナム最北果ての中国側・河口(ホーコー)にいます (^^)/」。先月11月末、こんなメールが一人の知人から届いた。ダークなアジア周遊をこよなく愛する彼は、毎年、決まってある程度の金銭が貯まると、日本を飛び出し~アジア各地を股にかけた放浪を繰り返す言わば旅人である。その齢40半ばにして、今も現役バリバリ!元祖・肉食系とも言えそうだが、そんなアジア中毒の彼が、今年も年末年始をまたいだ数ヶ月のアジア放浪格安スケジュールを立てたようで、現在、パタヤ寄港(?)の折に、その綿密なる計画表を教えてもらった・・。(↓以下)

■12月16日ハノイ発バンコク(~年末年始はパタヤで過ごす)

■1月12日バンコク発コルカタ(インド)

■1月25日コルカタ発バンコク~1月26日バンコク発深せん(中国)

■1月30日マカオ発バンコク

■2月1日バンコク発ウドンタニ(タイ東北)~2月5日ウドンタニ発バンコク

■2月6日バンコク発バリ(インドネシア/バリ島)

■2月11日バリ発ジャカルタ(インドネシア/ジャワ島)

■2月27日パダン(インドネシア/スマトラ島)発クアラルンプール経由ホーチミン(ベトナム)

■3月3日ホーチミン発バンコク
※3月末頃~ハノイ&河口滞在後、クアラルンプールからエアアジアにて羽田帰国予定。

一見しただけでも、プロの旅行代理店が練り上げたような予定表だが、実は、上記航空便は全てエアアジア(AirAsia)のプロモーションをふんだんに活用したもので、なんと驚くなかれ!トータル費用は計15.000バーツ程とのことだ。(マジ!?) 実際、期間限定で発券されている格安チケットのプロモーション期間を元に、それらを、あれこれパズルのように組み合わせ、自分で旅のスケジュールを立てているのである。まさに旅の達人、究極の節約家、古きよき格安バックパッカーの生き残り、とかいろいろ言えそうだが、その反面、彼の放浪の目的がアジアの果実ちゃん探索♪という現実もあり、はて、人間の趣味嗜好に対する行動力たるや
すさまじいものだ・・と、つくづく実感する今日この頃である。

2a7e7012.jpg

と、そんな格安(節約型)旅行者の彼が、年越しはパタヤで約一ヶ月ほど過ごすというので、アパートを賃貸したとのことだが、その探索力~交渉術のプロっぷりにも感服してしまった。以前のブログでも書いたが、タイ(パタヤ)でアパートを借りたい場合は、プラプラ探索して「このアパートが良さそう!?」と思ったら、直接、管理人室へ赴き、「空いてる?」かどうか尋ねるだけ。後は、諸々チェックして条件が合えば、パスポート提示で、デポジット(保証金)を支払いさえすれば、万事OK!という流れなのだが、ホテルや長期滞在のゲストハウスと異なる部分は、備え付けの家具の有無、あるいは、水・電気代についてである。

アパート賃貸となると、基本的に、水も電気も使った分だけ後で精算というのがほとんどだが、一ヶ月だけの滞在となると細かい計算がややこしくなる。なので、普通はアパートを出る際に返ってくる保証金の中から幾らか置いて出て行く・・という考えしか浮かばないし、そもそも短期間の滞在者は契約を嫌がられるものだ。だが、彼は、そんじょそこらの格安パッカーとは次元が違うので、きっちり詳細交渉!!入居時の水道・電気のメーターを一緒にチェックさせ、紙にメモりサインさせるだけでなく、実際の滞在期間が20数日であることから日割り計算で「もっと安くしてくれ!」とまで訴え、交渉する徹底ぶり・・・汗)。

これだけ細かい外国人旅行者に、さぞ、アパートの管理人も苦笑ものだったろうが、さすがに先ずバイクをレンタルし~パタヤ市内から離れたエリアをくまなく探し、交渉すること10数軒でようやく見つけたというだけはある物件である。というのもテレビ、冷蔵庫、エアコン、クローゼットホットシャワーは言うまでもなく、電子レンジ、湯沸しポット、DVDプレーヤーまで完備されて一ヶ月7.000バーツである。タイ人アパートと言うよりは、長期滞在者向けのマンションorサービスアパートメントといった様相。

さすがに、インターネット回線までは整備されていなかったが、パタヤ市内だったら、中々見つからない物件である。しかも、今は観光客の多いハイシーズン、いやはや、ちょっと市内を離れれば、いい物件なんてゴロゴロしてるんだなぁ・・。それにしてもアジア放浪暦20数年のベテランには、全く敵わないな・・と思う出来事でありました。(ふむ)

3df102a1.jpg

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイ Thai, 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.