●タイ Thai 仏教 タイ仏教 Buddhism 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

聖地参拝の旅(おまけ話)―パタヤ発ミニトリップ Vo.3

投稿日:2013年4月13日 更新日:

2b4648fe.jpg

チャンタブリーの聖山カオ・キッチャクート(Khao Khitchakut)を参拝した際、麓の寺院や山頂周辺の寺院(祠)にて、御札にお守りキーホルダー、仏陀ペンダントなどいろいろと参拝記念にGETしてきたのだが、タイ人が最も群がっていたのが僧侶に自分の財布を渡し、呪文(護符)のような文字を書いてもらうというもの。

62b56f8b.jpg

僕も山頂付近にいた長老らしきお坊さんにお願いして書いてもらった。(ルアイルアイ~♪)

10813b75.jpg

で、どこで手に入れたのかは忘れたが、タイ嫁曰く「肌身離さず常に持っていた方がいい」というので財布の中に入れているのが通称「サリカー・リン・トォーン(Sarikha Lin Thong)」。「サリカー」とはタイ語の古語で「ノック(鳥)」という意味で、「リン(舌)」、「トォーン(黄金)」で『黄金の舌を持つ鳥』という意味合いになるらしい。それは即ち「黄金の言葉を発する舌」→「その人が発した言葉を皆が聞く(信じる)」→「多くの人々に囲まれ幸せ」というわけである。

97d527e7.jpg

ちなみに何の木でできているのか聞くとタイ語で「クア・カオ・ロン」。「クア(木のつる)」、「カオ(山)」、「ロン(珍しい)」で『珍しい(探すのが難しい)山の木のつる』という意味らしい。それでサイズは2cm大ぐらいなのだが、信心深い人になると自らの身体(上腕の内側)に埋め込んでしまうとのこと。よく見れば口ばし部分が赤く尖っているが、まさにこれを腕に挿して入れるのだ。想像するだけでも痛々しいが、僧侶が念仏を唱えながら挿入してもらうと全く痛みを感じないし、いつの間にやら身体の一部となり消えてなくなってしまうらしい・・。アメージングタイランド!?(ホンマかいな)

トラート~秘境の楽園チャン島へ続く

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイ Thai, 仏教 タイ仏教 Buddhism, 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.