「アジアの衝動 Asian Impulse」 一覧

nangoku5

男たちの南国物語 VO.38 熱帯ラブポーション、揺れる男心―パタヤ生活編

→初めから読む 「ねぇ、ティーラック(ダーリン)、今日はあなたを連れて行きたい場所があるの。だから夜は空けておいてね」 「何、どうしたの急に?どこに行くつもりなの?」 「ううん、まだ教えない。私の大好 ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.37 パタヤクレイジー・ラブアフェア―パタヤ生活編

→初めから読む 「あなたはSかMのどっち?」。そんな質問を投げかけられたら、あなたなら何と答えるだろうか。 サディストかマゾヒストか。ふと自分の性的嗜好なるものに思いを馳せてみる。ふーむ、自分ではSっ ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.36 微笑みの裏側で(タイ女性との淡く切ない恋物語)―パタヤ生活編

→初めから読む パタヤで長期滞在を始めて早や4ヶ月が経過しようとしていた。相変わらず仕事のあてなどなく、タイでの生活にはようやく慣れてきたものの、タイ語会話はまだ幼児レベルで、毎日リュウさんとパタヤの ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.35 初めてのソンクラーン(水掛け祭り)―パタヤ生活編

→初めから読む ギラギラと眩しい南国の太陽が一段と突き刺すように降り注ぐ、うだるような灼熱のシーズンがやってきた。毎日40度近い猛暑日が続くタイで最も暑くなる時期で、暑季というやつらしい。温暖で気候的 ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.34 ファランとイサーン娘のパタヤ恋模様―パタヤ生活編

→初めから読む ゴーゴーバー経営の話も立ち消えになり、ニックとも数日ほど顔を合わせず、ほどなくした頃だった。久しぶりにニックから連絡があり、リュウさんと二人ジョージのバーへ足を向けると、ニックの隣に知 ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.33 パタヤでゴーゴーバー経営!?―パタヤ生活編

→初めから読む 「実はな、今、ソイパタヤランドでゴーゴーバーが売りに出てるんだよ。その経営権譲渡の話が俺にも来てるんだ」 「えっ!マジでー!?すごいねー、ニック。で、どこの店?」 「ジョージのバーの隣 ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.32 ファラン(欧米人)たちが住む街角―パタヤ生活編

→初めから読む 「モシモーシ、ヒロ君、オハヨウ!オキテマスカ?」 「ああ、はい、、デニーさんですか、お早うございます。今、電話で起きたところです…」 「アッソウ、イマ、ボクはフジに来たところ。リュウさ ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.31 パタヤのあしながおじさん―パタヤ生活編

→初めから読む 「ハロー、ニック?俺、ヒロだけど…」 「オー、ヒロー?コンバンワー!ゲンキー?」 「今、日本に数日戻ってきてるんだけど。ニックに会いに横須賀に行ってもいいかな?」 「ホント?オーケー、 ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.30 人生を賭けてイチかバチか!?―パタヤ生活編

→初めから読む 「テンキュー・ミスター、シーユー・ネクット・タァーム、バイバーイ!」 定宿のオーナーであるビッグママが、訛った英語と満面の微笑みで常連らしき髭面の欧米人オジサンを送り出している。大きな ...

nangoku5

男たちの南国物語 VO.29 甘い生活とリアルタイランド―パタヤ生活編

→初めから読む 「ピピッ、ピピッ、ピピッ♪」 機械的なメッセージ受信音が無音の室内に鳴り響き、カーテンが閉めきられた薄暗い空間に液晶画面から放たれたオレンジ色の光が浮かび上がる。うたた寝していた僕はじ ...

nangoku4

男たちの南国物語 VO.28 流離ボーダーラインを越えて―パタヤ移住編

→初めから読む いよいよタイ移住へ向けた出立の日が間近に迫っていた。 東京にいる友人知人で僕がタイ行きを伝えていたのは、私物を処分する際に事実を知られることになったバーテンのジョーさん、それと幾ばくか ...

nangoku4

男たちの南国物語 VO.27 ドロップアウト・ジャパン―パタヤ移住編

→初めから読む 「このまま辞めたら、お前の人生はもう終わりだぞ。それでもいいのか?」 最後の話し合いと呼び出された会社近くの喫茶店で、上司に言われたその言葉は、僕を不安にさせることなど微塵もなく、逆に ...

nangoku4

男たちの南国物語 VO.26 憧れのアメリカン・ダンディズム―パタヤ移住編

→初めから読む いったい自分は何者なのだ。今ここに存在している私といったアイデンティティやパーソナリティとは何なのだろうと思うことがある。他人から見た私という人間と、自分自身が私だと感じている人間には ...

nangoku4

男たちの南国物語 VO.25 ニックおじさんと再会の横須賀―パタヤ移住編

→初めから読む 街中にクリスマスの装飾やイルミネーションが灯り、2002年の年の瀬を迎える頃、パタヤで出会ったアメリカ人のニックに会いにリュウさんと横須賀まで足を延ばした。もらった名刺に書いてあった携 ...

nangoku4

男たちの南国物語 VO.24 パタヤ移住!始まりはタコライスだった―パタヤ移住編

→初めから読む もう何ヶ月ぶりになるだろうか。翌日早朝、久しぶりに成田空港に降り立った。ターミナルを出ると、寝不足気味の身体に肌を突き刺すような日本特有の寒さを痛感し、慌ててバックパックから上着を取り ...

nangoku3

男たちの南国物語 VO.23 タイ★パタヤ移住への道―アジア逃避行編

→初めから読む 日本を逃げるように飛び出して早や一ヶ月、いかがわしい旅から始まった僕のアジア逃避行は、愛着の街パタヤにようやく落ち着くと、はたして流れに任せるままに、タイ移住を決断する運びとあいなった ...

nangoku3

男たちの南国物語 VO.22 田舎発→都会経由→パタヤ着―アジア逃避行編

→初めから読む 「もう少ししたら日本に帰る。そしたら実家に電話して、これまでの経緯を全て話すから。父ちゃん母ちゃんには、あともう少しだけ待ってくれ、と伝えてくれ。よろしく頼む…」 久しぶりにインターネ ...

nangoku3

男たちの南国物語 VO.21 パタヤ移住ドリーム―アジア逃避行編

→初めから読む もう何日パタヤに滞在したのだろうか…。エビスさんとカンボジアのプノンペンを訪れたのも遠い過去の出来事のようだ。甘い日々を過ごしたカンボジア人女性スレイラは、まだあのディスコに夜な夜な通 ...

nangoku2

男たちの南国物語 VO.20 パタヤ沈没の夜更け―アジア逃避行編

→初めから読む パタヤの長期滞在者リュウさんと飲み明かした翌日、相変わらず気だるい南国の午後を海でぼんやり過ごした僕は、パタヤビーチのサンセットを拝む前には定宿に戻ることにした。夕方6時にリュウさんが ...

nangoku2

男たちの南国物語 VO.19 パタヤのおかしな面々―アジア逃避行編

→初めから読む 「また会っちゃったねー。こんなところで飲んでるの?かなり酔ってるみたいだけど大丈夫ー?」 「ああ、はい。ホテルはすぐそこなんで大丈夫です…」 「そっか。俺らも適当に飲み歩いてたんだけど ...

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.