●タイ Thai ●タイコラム Thai Column 日々のコラム Day Column

条件反射◎タイ人

投稿日:2008年10月7日 更新日:

79900f1d.jpg

パタヤの夕暮れ時、友達とカフェーをしていると、目の前でバイク事故が起きた。タイに住めば、よく見かける光景でもあるが、若い女性(2ケツ)のバイクは、通りの向こう側から、半ば逆走のような感じで、フラフラ~と横断しようとした。そして、ふと「危なっかしいなぁ・・」と僕の目に入った瞬間、直進してくるバイクに激突されたのであった。「キャ~~ッ!!」→「ガッシャーーーン!!!」。騒々しい通りに、乾いた悲鳴と物々しい衝突音が響き渡る。

「あ~っ、やっちゃったよ・・」。と僕は一言、思わず座っていた席から中腰に立ち上がり、その様子を友達と眺めていたわけだが、、ものの数十秒後。周りの店や付近の人々が、「その音」に反応し、飛び出し、駆け出してくる。まさに野次馬根性100%といった感じだが、タイ人はそれだけではない。「手馴れたもんだ・・」とも言えるが、その後の処理が恐ろしく速いのである。

先ずは、事故を起こした当事者のケガの有無をすばやくチェック。散乱したバイクをわき道へと移動させ、交通状況を速やかに普段どおりに戻す。その現場を仕切る人。手伝う人。ケガがたいそうなものなら、病院に連れて行く人。接触事故が起きて5~10分。もめた場合は、警察が来ることもあるが、だいたいは、ものの見事に、そして、完璧な作業で、事態は収束へと向かう。それは、普通にその辺の人々が、ごく自然に行う作業。
助け合いの精神、仏教の精神でもある。

ちょっと前に、日本のニュースで、東京は秋葉原の人込みの中を、イカれた男がダンプで激走し、人々を轢きまくったあげく、包丁で刺しまくった・・というのがあった。被害者十数人とか何とか・・。なんとも、おぞましいというか、世も末だというか。ただ、タイでは、そんな事件は起こらないだろうし、仮に起こったとしても、凶器が銃でない限り、そこまで多くの人は、犠牲者とならないだろう。(と思う)なぜか?多くの人がいる所で、そんな事件を起こしたら、間違いなく、犯人は、その辺のモトサイやら、正義感の強いオッサン連中やらに、多勢でボコボコにやられるからである。

前に見かけことあるが、凶器を持っていれば、タイの警察は犯人に向けて平気で銃を抜く。「抵抗すると、逃げると、打つぞ!」。そんな具合だ。パタヤの夜。バービアで外国人が酔っ払って暴れようものなら、女性に手を出そうものならその瞬間。周りの男たちは、おそろしいばかりの速さと勢いで集結し、彼を血祭りにあげる。完膚なきまでに、相手が抵抗しなくなるまでに。凶器が銃でなければ、それは間違いない。例え、武器を持っていたとしても、それ以上の武器。棒切れやら、バイクのヘルメットやら、イスやら何やらと、、それ以上の人々(仲間意識)で応戦する。

と、話が、反れてしまったが、、ただ、僕がいつも感心してしまうのは、タイ人の、その条件反射の速さだ。タイ人は運動神経がいいよなぁ・・ともよく思うが、今回見かけた事故でも、当事者の女性二人、衝突した人、どちらもが、ほぼ無傷だったのは言うまでもない。ただ、そこに駆けつける人々。事態を処理しようと助ける人々。何かトラブルが起きたら、それに立ち向かう人々。何しろ、全ての行動が速いのである。まさに、自然と湧き出る作業といった具合だ。そう、それがタイ人のすごいところだ。(と思う)

ウソも誠も、恥もおせっかいも、見て見ぬふりも、何もない。ただ、ただ、自然と体が動く。思いのままに。そんな感じだ。それは、「単純な民族」とも言い換えることが出来るが、、その「単純さ」は時に、「潔くすがすがしい単純さ」となって表れる。そこに言葉はいらない。面倒くさい言葉はいらない。だから、僕は、そんなタイ人が好きなのかもしれない。

7cee38fd.jpg

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイ Thai, ●タイコラム Thai Column, 日々のコラム Day Column

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2019 All Rights Reserved.