●タイ Thai タイ生活 ロングステイ Thai Long Stay

タイで長期滞在する方法【3】―賃貸or購入編(アパート/コンド/タウンハウス/一戸建)inパタヤ

投稿日:2012年5月3日 更新日:

thai-longstay5

現地人価格のアパートに住んでみたいという格安派はソンテウやレンタルバイクを活用して、とにかく好みのエリアをじっくり探索するべし。気になる物件が見つかったら即オフィス(管理人室)へGO!「部屋が空いているか?」を尋ね、良さげならとりあえず部屋を見せてもらおう。

基本的にはパスポート持参(タイ人ならIDカード)で本人サインをすれば賃貸契約を結べる。支払いは先ず一ヶ月分の家賃+デポジット保証金(=だいたいが家賃一ヶ月分を徴収)で契約スタート!数ヶ月以上滞在しないと嫌がるアパートも多い(要交渉)。入居後は毎月現金払い。解約の際は一ヶ月前までには申告~部屋を出る時に損傷具合などチェックされ(修理等あれば差し引き精算)~デポジット金が返ってくる。

賃貸相場は月3.000~6.000バーツ程とピンキリだが家具(TV・冷蔵庫)の有無、エアコンの有無、ホットシャワー(ナムロン)、インターネット環境など設備にもよる。水道、電気代はオーナーがユニット(メーター)あたりの単位料金を設定し、精算(徴収)することが多い。

タイに住む!アパート賃貸
パタヤのアパート賃貸事情

thai-longstay6

アパートに比べ(比較的)好立地にあり設備が整っているのがコンドミニアム。駐在員や老後の年金生活者など(ある程度)滞在資金に余裕がある人に最適の物件が多い。バスタブ、キッチン完備は当然のこととして、プール、ジムなど施設が充実していることも必須条件!?

タイでは外国人が個人で土地を購入することは出来ないが、コンドミニアム(マンション・アパート)の所有(総面積の49%以内)は認められている。そのため海外での資産運用も兼ねてコンド(分譲)を購入し自ら住んでいる人もいれば、部屋を賃貸している個人オーナーも多い。

コンドミニアムの賃貸(or購入)は現地に点在する不動産を回る。ショッピングモール等で見かける新規物件(販売)のブースをチェック~直接ショールームを見学。またインターネット上で「Pattaya Real Estate/Property」、「Pattaya Condominium」などキーワード検索~現地不動産のWEBサイトをチェック。

中古物件は街中のスーパーで見かける掲示板(For SALE/RENT)をチェックするか、住みたいコンド(管理人室)を訪ねてみる。気に入った物件があれば直接連絡~要交渉という流れ。賃貸相場は月10.000~20.000バーツ程で、購入相場は1.000.000バーツ前後~。家具の有無、インターネット環境(個人回線開設)など諸々応相談といった感じ。物件オーナーは個人(タイ人・外国人)、不動産所有など。

townhouse-thai

タイ特有のタウンハウス(長屋タイプ)やショップハウス(店舗兼用)、一戸建は土地付きなので外国人名義では購入不可!賃貸のみ可能となる。タイ人配偶者(及び家族)がいる場合はタイ人名義(or夫婦名義)で購入できる。また諸々の審査基準を満たしていればローンも組める。

タイで会社を設立しタイ法人名義で購入するという手段もある。現地の代行会社には専任の弁護士(会計士)がいるため税務処理など面倒な作業はお任せ。また代行会社(弁護士)が保証人(名義貸し)という形を取る場合も多々見受けられるが、近年、外国人投資家によるペーパーカンパニー問題や土地の所有過多が叫ばれるなど、資産運用目的の際は行動に注意が必要である。

タイ自由ランド―タイで起業、会社設立

タウンハウスや一戸建てを探すには現地の不動産を回るか、スーパー等にある掲示板をチェック。また住みたいエリアにある集合住宅地を直接見て回り、気になる物件を見つけたら直接コンタクト~要交渉という流れ。賃貸相場は月10.000~30.000バーツ程とピンキリで諸々応相談といった感じ。パタヤでは「スクンビット通り向こう側=イーストパタヤ」にお手頃な物件が点在、現在も開発進行中の新興エリアである。

タイで長期滞在する方法【4】―引越し作業編(ソンテウ/モトサイの活用)inパタヤ

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイ Thai, タイ生活 ロングステイ Thai Long Stay

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved.