●タイコラム Thai Column 日々のコラム Day Column

パタヤのディスコで火事

投稿日:2006年5月8日 更新日:

pattaya-fire

昨晩(2006年5月7日午後9時頃)、サードロードにあるディスコ「ルート999」で火災が起きた。で、偶然、近くのレストランで食事をしていたときだったので、現場を見てしまった。「ファイマイ!(火事だぁ~)」という周囲の騒ぎで、店を出ると、もうそこは映画のような火の海・・・。

ニュースなどで見ると、死者8人、負傷者50人とのことで、出火時は300人近くの人が店内にいたという。周りを見渡せば、泣きながら店を逃げ出してきたスタッフらしき女性。隣接したマッサージ屋にいたと思われる中国人の団体客、そして、数分で集まった大量の野次馬でごった返している。(写真は不謹慎なので撮ってません、あしからず)

僕は、日本を含め、生まれて初めて火事というものの現場を直視したので、あまり多くは語れないが、先ず、思ったのは消防車が来るのが遅い。僕が、現場に着いて10分ほどかかっているわけだから、多分、出火から20分以上は経っているのではないだろうか。ここは東京ではない。しかも、現場と同一線上の通りに、消防署はあるのである。サードロードなんて、そんなに混む通りではないから、絶対あと10分は早く来れるはずだ。

でも、やはりプロ。消防、レスキューなど、現場に到着してからの対処は恐ろしく早かった。とにかく、この辺は原始的なタイ人の性格が出る。僕は、胸の動悸が早まる一方だったが、、日本に比べ、こういう野性的な本能が出るときには、タイ人はすごい力を発揮すると思った。

それにしても、パタヤの火事騒ぎって本当に多い。これまでにも、ソイ8やジョムティエンのホテルなど多数聞いたことあるが、やはりタイの建築事情ってのは、考え直す必要があるのではないだろうか。今回の火事も、このディスコはプレハブ小屋的な作りで、もう気がついたら出来てたってぐらいのものだったので、よほど簡易的な作りだったのだろう。もう火の回り方は半端な勢いじゃなかった。

で、あと何がすごいって、タイの野次馬ってのはすごい。だって、火が轟々と上がっている近くに車が留まっているのに、もうそんなのお構いなし。火の手の数メートルのところまで、我が我がと野次馬がたかっているのには、びっくりした。(君たち、車が爆発したらまじヤバイよ・・・汗)

原因は、あるニュースではネオンサインなんて言っていたが、現場にいたモトサイが言うには、DJブースからの電気系統のショートだということだった。それにしても、この前も近くのパブで、グレネード弾騒ぎみたいのあったし、ちょっと怖い。というのも、最近のサードロードは、多くのパブやらレストランが軒並み建ってきているわけだが、何が怖いって、いわゆる邪魔なものは潰してしまえというマフィア的発想。この辺の店の多くは、バンコクなどにも支店を持つタイ人オーナーが多い。

もちろん、新参者はうっとうしく思われたりもするし、実際、オーナー同士の軋轢なども多い。となると、こういう騒ぎを起こして、店を潰してしまえという単純な考え。今回はそうでないことを祈るが、こういうときにタイの真実の怖さってやつを、まじまじと実感する。

被災者の中に日本人はいなかったというが、何しろ、こういう事件はもう起こって欲しくないものだ。それにしても、このディスコは出来た当初から、あまりいいウワサを聞かなくて、一度も足を運ばなかった。そのことだけが、気がかりである・・・。

【記事訂正】
翌日の新聞によると、出火の原因は、従業員の使用する更衣室のエアコンが壊れ、修理を行っていたところ電気機器を使用していた修理工が誤って転倒~そこから電気ショート~爆発ということらしい。ニュースでは密室を壊し、中にレスキュー隊がなだれ込み、女性スタッフを救出している模様が流れたらしいが、それがこの原因の更衣室ということなのだろう。

その他、紙面記事は「この場所は以前に、長年あった大木を切り倒し建物を建てた経緯があるらしく、そのタタリかどうか、この土地では次々と事業で失敗が繰り返されている」と信心深いタイ人らしいコメントで締めくくっている。本当にそうだったら怖いよね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイコラム Thai Column, 日々のコラム Day Column

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.