●タイ Thai 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

アジアで増加する格安航空(LCC)

投稿日:2014年3月20日 更新日:

5a15dc8a.jpg

シンガポールが拠点の格安航空(LCC)、ジェットスターアジア航空(3K)が今年6月26日から福岡~バンコク~シンガポール線を就航開始予定だという。福岡に実家がある僕にとっては、待ちに待った路線であるが九州各地ひいては西日本に住む人たちにとっても実質バンコクへの直行便ということになるわけでこれは嬉しいニュースである。使用機材はエアバスA320型機でエコノミークラスのみの180席で毎日運航。気になる運賃は燃油サーチャージなどを除いて福岡―バンコク間が1万3.000円~、福岡―シンガポール間が片道1万6.000円~。

■3K―福岡~バンコク~シンガポール線運航スケジュール
【3K510便】 FUK 10:30発~BKK 14:10着/15:10発~SIN 18:40着(水木金)
【3K510便】 FUK 10:30発~BKK 14:15着/15:15発~SIN 18:40着(月火土日)
【3K509便】 SIN 22:50発~BKK 00:20着/02:15発~FUK 09:30着(毎日)

タイを訪れる日本人観光客狙いというのもあるのだろうが、やはり去年から施行されているタイ人観光客に対する日本滞在ビザ免除化(15日間)に伴い、実際、日本を訪れるタイ人が増加しているのが大きな要因でもあるのだろう。そして、エアアジアグループのタイ・エアアジアXも近々、日本~バンコク(ドンムアン)線の直行便を運航開始する見込みとのことで着々と準備を進めているようである。(現在は羽田/関西/名古屋~クアラルンプール発着のみ、バンコクへは乗り継ぎが必要)

更にタイ国際航空系のLCCノックエアとシンガポールのLCCスクートはバンコクを拠点とする格安航空会社「ノックスクート」を設立。バンコクのドンムアン空港を拠点に東アジア方面へ中長距離の国際線を運航予定で日本へはバンコク~成田線を今年中にも就航予定とのこと。まあ、LCCだけに荷物制限が少量だったり、機内食がないとか、よく言われる遅延欠航だとか、適応ルールが細かいとか、はたまたキャンセル不可だとか云々、結局、燃油サーチャージ等の諸費用を合わせれば普通の航空会社を利用するのとさほど大差はないという印象ではあるので、敢えて利用したいとは思わないが、実際利用できる便数が増えることは間違いなくいい傾向だし、競合によって航空市場の全体的な価格が抑えられるという利点もあるだろう。

また時間に余裕がある人はプロモーション時を狙ったり、それこそアジア各地を乗り継ぎながら周遊するという際には持ってこいだと思うし、旅の選択肢が広がると言うことはできるだろう。ここ数年、東南アジア各国に目を向けてみても格安航空会社(LCC)は増加の一途である。もうワケが分からんほどに路線状況は網目のように複雑化している昨今の航空市場だが、海外のホテルもネットで簡単に検索&予約できる時代になってきたし、これからは特定の国地域への旅行だけでなく、どこかを経由(数泊)したりしてアジア各地を周遊するような旅の価値観がますます一般化していくのかもしれない。

【フリーバード】 日本発着LCC特集(LCC就航地図)
【トラベル・ジェーピー】 LCC(格安航空会社)比較

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイ Thai, 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.