●タイコラム Thai Column 日々のコラム Day Column

タイの映画館(寒)・・・

投稿日:2005年3月14日 更新日:

avenue-pattaya

パタヤで映画を見ようと思えば「BIG-C」か「アベニュー」、そして最近出来た「セントラルパタヤビーチ」のいずれか。100Bほどの安値で見ることが出来る。と、ある祭日の日の出来事。食事がてらBIG-Cへ行った。見たい映画の上映時間は、午後11時(だいたい深夜までやっている)。祭日のせいか、場内はタイ人と観光客でいっぱいである。

タイの映画館は全席指定なので、日本のようにいい席を取ろうと、順番待ちをする必要もない。映画が始まる時間まで軽く食事を取り、BIG-C内をウロつくことにした。すると「グルグルグゥ~」。嫌な予感。すぐにトイレに駆け込むと、水のようなゲリだった。

「今日、何食ったっけなぁ、何か当たったかなぁ・・」と心配しながらも、すぐに薬局でゲリ止めを購入。ボクは昔からお腹が弱いたちなので、日本では正露丸を常備していたが、タイの腹痛薬はその数倍強い。そして、午後10時45分。チケットを手に館内に入場すると相変わらずのゲキ寒状態。タイの映画館というのは、なぜか知らないが冷房をこれでもかというぐらいガンガンに効かせているので、自分が冷凍庫にでも閉じ込められたような錯覚を覚えること請け合いだ。

そのため、映画を見に行く際には上着やちょっとしたブランケット持参という強者も中にはいる。で、いざ、席につくと「グ、グゥ~~~」。場内の寒さも手伝って、再びお腹が泣き出した。「ヤ、ヤバイ・・・」。でも、映画の途中で席を立つのは死ぬほど嫌いなので、再び強力ゲリ止め剤を口に放り込む。これで計4錠、こんなに飲んで大丈夫なのだろうか。

ま、なんとか踏ん張り、映画に集中。が、およそ2時間が過ぎ、いよいよクライマックスという時に、突然!「ブッ、ブゥー、ガシャン」という音と共に、いきなりスクリーンが真っ黒に・・・。「OH~・・」、劇場内からため息がこぼれる。後ろを振り返ると、2階の小部屋にいる映像技師が、セコセコとテープを引っ張ったり、伸ばしたりしている表情が見えた。「こんな時代に、こんなことってあるのか」。

やっぱりタイだ・・などと半ば諦めていたら、数分後に上映再開。「OH~!!」、観客からはなぜか拍手喝さい。「なぜ?」。しかし、数人の客はしびれをきらして帰ってしまったようだ。「ふぅ~、何はともあれ良かった、こんないい所でオシマイなんてのは困る」。

しかし、再び、数分後には「ブ、プツッ・・」とスクリーンは、再び真っ黒に…。初めての体験だったが、周りのタイ人は、全くそれに動じる様子もなく、こういうことはよくあることだという。逆に、こんな時間をフルに利用し、平然とした顔でトイレに立つやからもいる、おそるべしタイ人の感性。

そして、なんとか数分後には、再び上映再開。「このご時世に、いったいどんな機械使ってるんだよ。」と文句のひとつも言いたくなったが、まあ、ここはタイランド。アバウトなお国柄なので我慢、我慢。とまあ、いろいろありながらも、なんとか無事、上映終了。で、薬のおかげかお腹もすこぶる快調。

皆さん、タイの映画館は、冷凍庫のように寒く、日本ではあり得ないお寒いハプニングも日常茶飯事なので、こんなことがあったら、その辺は大目に見てあげましょう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイコラム Thai Column, 日々のコラム Day Column

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2019 All Rights Reserved.