●タイコラム Thai Column タクシー バス ソンテウ バイク Taxi Bus Bike 日々のコラム Day Column

タイのタクシードライバーVO.2

投稿日:2006年6月3日 更新日:

thai-taxi-driver2

タイ人というのは非常に都合のいい生き物である。というのは、先日、バンコクでその種のタクシードライバー数人に出くわしたからであって。そのときは、雨季で結構な量の雨が降っていた。場所はプラトゥーナム。多くの人がタクシーを捕まえようとしていた。ボクもその仲間入りをした。我先にと道に飛び出し、タクシーを呼び寄せる。

ボク:「マーブンクロンまでOK?」
運転手:「渋滞だからヤダ・・」

と断られること数台。渋滞を嫌がるタクシードライバーは驚くほど多い。まあ、これは仕方がない。しかし、、、

ボク:「マーブンクロンまでOK?」
運転手:「200バーツならOKだ!」

ボク:「はあ、お前何言ってんの?メーター押せよ!」
運転手:「だったらヤダ・・」というような会話が数台。

雨季は、皆が皆、タクシーを利用するので、タクシーはすこぶるエラそうになり、メーターを押さずとも、ぼったくり料金で乗車する客はいる。荒稼ぎしようという魂胆なのだ。

また、その日はバンコクで知り合いと遅くまで飲んでいた為、別れたのは深夜12時過ぎ。もちろん、この時間にパタヤ行きのバスはない。でも、その日中に帰りたかったのでメータータクシーを捕まえパタヤまで帰ることにした。

ボク:「パタヤまでだけどOK?」
運転手:「えっ!パタヤ?お前本気か?」

ボク:「いや、本気だけど・・」
運転手:「で、幾らくれるんだ?」

ボク:「う~ん、同じようなこと何回かやったけど、いつもガソリン代、高速代込みで1.000バーツで行くよ」
運転手:「でも、こんな遅い時間に、俺はパタヤまで行って、また戻ってこなきゃいけないんだ、もっとくれよ!」

ボク:「う~ん、分かった。雨の中、他の車に交渉するのも嫌だし1.200バーツでどう?」
運転手:「1.300バーツにしてくれ・・」

ボク:「そこまでは、ヤダ!」
運転手:「(しばらく考え)、オーケェー」

ということで、早くも一台目で交渉成立し~パタヤへ。しかし、途中、その運転手は友達に電話をすると、「今から客乗せてパタヤまでだよ・・」などとぼやきつつ。電話を切ると、開口一番、「友達に往復のガソリン代がかかるから1.400バーツにしろと言われた・・」とほざいてきた。「えっ、約束はやぶっちゃいかんよ、君ぃ。ダメダメ!その代わり早く着いたらチップあげる」と、ボクは彼をいさめた。

で、出発して30分もすると、酔いも手伝いウトウトし始める。しかし、運転手は僕に「おいおい、寝ないでくれよ。友達だろ!俺は帰り一人なんだぜ」とわけの分からない事をほざく。別に彼とは友達ではないし、第一ボクは客なのだが。

寝るのは俺の自由だろと言いたかったが、ボクが寝そうになるとミラーで確認しては、再び「ハム・ラップ・ダァ~!(寝ちゃイカンよ)」などと、なぜかイサーン語でボクの睡眠を制するので、ボクも彼の根気に負けてしまう。で、「OKライダァ~」と負けずにイサーン語で応対するボク・・(汗)。

そんなこんなありながら、1時間30分の短時間で家に到着。彼はまだ1.400バーツとつぶやいていたが、約束なので1.200バーツ+チップ50バーツをあげ、車を降りた。

日本の常識などもちろん通じない。タイ人と付き合うのにはホトホト疲れる。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイコラム Thai Column, タクシー バス ソンテウ バイク Taxi Bus Bike, 日々のコラム Day Column

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2018 All Rights Reserved.