●タイコラム Thai Column 日々のコラム Day Column

タイのマンガ事情

投稿日:2005年3月16日 更新日:

thai-manga1 thai-manga2 thai-manga3

タイでは日本の製品がどこにでも溢れている。それはマンガにおいても然りだ。テレビでは「ドラえもん」を筆頭に「クレヨンしんちゃん」、「アラレちゃん」、「ポケモン」など日本で一世を風靡したアニメを皮切りに、今も根強い人気の「一休さん」。

「ウルトラマン」や「仮面ライダー」に至っては、日本同様シリーズ化され、古いもの~最新のものまでタイ語吹き替えで繰り返され、子供たちの人気を博している。ただ、仮面ライダーのことをタイ語で「モッデン(赤アリ)」と呼んでいるのはどうかと思うが・・苦笑)。

さてさて、同じく日本製のマンガ本(タイ語)の勢いも負けず劣らずにすごい。スラムダンクやドラゴンボール、ワンピースなどの人気モノ~有名レディスコミック、更にはオタクたちが好むアキバ系マンガ本までが、タイ語に翻訳され、多売されている。

では、いったいタイのマンガ家たちは、どんなものを描いているのか。いやいや、さすがはアバウト国家タイランド。テレビドラマでもそうだが、やはりタイマンガ界においてもダントツ人気は、やはりドロドロ恋愛もの、あるいは、オバケものということになるらしい・・。

よく市場や、その辺のコンビニなどでも手軽に買える小冊子(50ページ程)のマンガ本。これらのほとんどは、とにかく怪しいの一言に尽きる。もう表紙から中身の内容まで、とってもグロテスク。人殺しの話だとか、オバケの話とか、日本で言えば「妖怪人間ベム」、「梅図カズオ」系といったところだろうか。これを平然とその辺のコンビニで売っているし、買う人がいるのだから面白い。値段は5バーツぐらいで、週間コミックのような感じものが多いとのこと・・。何度見ても、馴染めない怪しいタッチ。とにかく苦い・・そんな感じである。

thai-manga4 thai-manga5

と、一通り目を通してみると、、裏表紙一面に、意味不明のタイ人女性の写真?これは「恋人募集中!」の写真らしい。写真の脇には彼女の名前と住所が記載。もちろん掲載依頼は無料とのことだが、こんなグロテスク調のマンガに恋人募集の投稿掲載?

やはり、タイ人の感覚は、いまだにつかめない・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(タイ人)へ







-●タイコラム Thai Column, 日々のコラム Day Column

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2019 All Rights Reserved.