●タイ Thai アユタヤ Ayutthaya 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

【タイ世界遺産】アユタヤのんびりショートステイの旅 VO.11―エラワンの滝 inカンチャナブリー

投稿日:

初めから読む
traintrip_thai115

●2018年3月某日<15日日>エラワンの滝巡り~早朝散策♪

朝7時過ぎ起床、せっかくエラワン公園内に宿泊しているというのに、タイ嫁と娘は全く興味なしとばかりにスヤスヤ寝入っている。というわけで、今日は一人で滝巡りへ。デジカメとペットボトル水をショルダーバッグに忍ばせ、散歩気分でいざ出発!

traintrip_thai116

先ずは昨日行ったレベル1、2付近へ。敷地内は8時半頃に一般開場するようなので、早朝は半ばプライベート空間の独占状態である。

traintrip_thai117 traintrip_thai118 traintrip_thai118-2 traintrip_thai119 traintrip_thai120 traintrip_thai121 traintrip_thai123

と、レベル1、2付近の滝を軽くうろつき、更に上へ。

traintrip_thai124

そして、レベル3でびっくり。昨日はここまで来なかったのだが、レベル2から歩いてすぐの距離感であった。ここはかなり見栄えの良いシルエットの滝(ウォーターフォール)で結構広いエリア。水量も多いので、水遊びする観光客で最も賑わう場所なのだろう。

traintrip_thai125 traintrip_thai126 traintrip_thai127

完璧に透き通った天然の水、そして、魚の群れ、、、他に誰もいない空間で、滝の流れる音に耳を傾け、五感のアンテナをフルにして、自然のエナジーを吸収~満喫する。

traintrip_thai128traintrip_thai129 traintrip_thai130 traintrip_thai131 traintrip_thai132 traintrip_thai133

さてさて、意気揚々と次の滝へ向けGO!

traintrip_thai134 traintrip_thai135 traintrip_thai136 traintrip_thai137 traintrip_thai138 traintrip_thai139traintrip_thai140traintrip_thai141

と、こんな感じで、上がりきったところで、ビューポイント(休憩所)に到着。ここで一服&水分補給。

traintrip_thai142 traintrip_thai143 traintrip_thai144 traintrip_thai145 traintrip_thai146 traintrip_thai147 traintrip_thai148 traintrip_thai149traintrip_thai150 traintrip_thai151 traintrip_thai152

と、こんな感じで、途中からどれがどの滝なのかよく分からなくなってくるが、とにかくレベル7まであるようだ。森林の木々、階段、どれが道なのかよく分からない自然道を、独り脇に流れる滝の音だけを頼りに直感的に上って行く。大小様々な滝に寄り道しながら、上流(源流)へ向け、ひたすら歩く。

traintrip_thai153 traintrip_thai154 traintrip_thai155 traintrip_thai156 traintrip_thai157 traintrip_thai158 traintrip_thai159 traintrip_thai160 traintrip_thai161 traintrip_thai162 traintrip_thai163traintrip_thai164 traintrip_thai165 traintrip_thai166 traintrip_thai167 traintrip_thai168 traintrip_thai169

そして、ようやく頂上付近に到着。レベル6、7付近までは、かなり険しい自然道を登っていかなければならないので、結構な疲労感…。

traintrip_thai170 traintrip_thai171 traintrip_thai172 traintrip_thai173 traintrip_thai174 traintrip_thai175 traintrip_thai176 traintrip_thai177 traintrip_thai178traintrip_thai179

ここがエラワンの滝の源流らしき山の頂上部分。地下水が湧き出ているのだろか。頂上まで上って確かめてみたいが崖の上なので当然、無理っぽい。

traintrip_thai180

源流付近の滝(水場)は、まさに桃源郷のような雰囲気。セノーテの泉ではないが、すぐ傍の源流から流れ出たばかりの、淡いターコイズブルーの透き通った水が溜まった、小さな水場は完璧に幻想的である。その空間を独り占めし、一泳ぎ。

traintrip_thai181 traintrip_thai182 traintrip_thai183 traintrip_thai184

持参したペットボトルを飲み干し、天然水を補給してお持ち帰り!というわけで、宿を出発してから、ここまで散策したところで、2時間ほどが経過…。全長1.5キロだから1時間ぐらいで往復できるかと簡単に考えていたのだが、行きだけでもかなりの体力を消耗。それほど最後の方は険しい山道を歩かなければならない。嫁と娘は頂上付近まではさすがに上って来れないだろう。

traintrip_thai185

帰還時に頂上付近から少し降りたところで、若いタイ人女性二人が、もう歩けないといった雰囲気で、ヒーヒー言いながら声をかけてきた。「ピー(ちょっとそこのお兄さん)、頂上まであとどれぐらいですか?」、「もうすぐそこだよ。残り200メートルぐらいだから頑張って。まだ誰もいないし、スワイマーク(とてもキレイ)だよ」と教えてあげる。

traintrip_thai186

帰りは降りるだけなので、あっという間…。20~30分程でレベル3付近まで降りてきた。戻ってきたところで、ようやく観光客で賑わい出していた。

traintrip_thai187

宿に戻り、起きていた嫁と娘に、スワイマークだったぞ!と興奮気味に感想を語りかけたが、さして興味を示さず…。と、予想以上に滝散策に時間がかかってしまったため、あっと言う間にチェックアウト時間の正午が迫ってきた。

traintrip_thai95

traintrip_thai188

というわけで、満足したのは僕だけのような結果に終わってしまったが、11時半頃、宿をチェックアウトして市内へと帰還…。バスでカンチャナブリー駅へ。

traintrip_thai189 traintrip_thai190 traintrip_thai191

およそ1時間ほどで、カンチャナブリー駅に到着。さて次はどこへ行こうか。僕としては、まだ他の滝を巡りたい気分満々であるが、肝心の嫁と娘はどうやら全く興味がない?というわけで、あえなくアユタヤ帰還を決意。

traintrip_thai192

15:00カンチャナブリー発~17:30過ぎバーンスー(スラヤーで乗り換え)、19:00バーンスー発~20:00頃アユタヤ着。

traintrip_thai193traintrip_thai194

というわけで、結局、カンチャナブリーを十分満喫したという満足感はなかったが、今回は嫁と娘同伴の旅だったのので、まあ、仕方ない。娘に滝での水遊びは少し早過ぎたのかもしれないが、二日間プール遊びを楽しんでくれたようなので、よしとすることにしよう。(お終い)

traintrip_thai195

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ







-●タイ Thai, アユタヤ Ayutthaya, 観光 旅行 ホテル Tourism Hotel

Copyright© サバイライフ SabaiLife , 2019 All Rights Reserved.